高反発マットレスは腰痛・肩こりに効果的なのか?

肩こりや腰痛に悩みがある場合は高反発マットレスに換えてみた方が良いかもしれません。

 

高反発マットレスは腰痛・肩こりに効果的なのか?

 

高反発マットレスが良い理由はしっかりとした弾力性があるからです。

 

肩こりなどを良くする為にはフィット性の良い低反発マットレスが良いと考えられることもありますが、しかしながら低反発ですとフィットし過ぎてしまうという短所もあるのです。体を包み込むような寝心地が低反発の魅力ではあるものの、ただ体をホールドする形になってしまう為に寝返りを打ち難くなってしまいます。寝返りが少ないということはぐっすりと眠れている証拠のように思われ体にも良さそうに感じられてしまいますが、しかし寝返りというのは人間にとって大切な作業でもあるのです。

 

寝返りが重要な理由にまず体圧を分散することができるからです。ずっと同じ寝姿勢になっている場合ですと同じ部分に圧が掛かってしまう為に肩こりや腰痛なども発生し易くなることがあります。痛みを発生させない為には寝返りを打つことが大事であり、寝返りの回数が少なくなるのは体に良くないのです。

 

快適な温度や湿度を保つという意味でも寝返りは重要です。時折寝返りを打つことで寝具の中で対流が起こり熱や湿気を逃がすことができます。それによって快適な環境を作ることができて快眠も得易くなります。

 

その他にもレム睡眠とノンレム睡眠を切り替える為にも寝返りは大切とされています。寝返りを打つことによってこれらのリズムを調整する働きがあると言われていますので、上質な眠りの為には楽に寝返りができる環境を整える必要があるのです。

 

このように寝返りには3つの大事な意味があるのですが、低反発マットレスですと寝返りを打ち難くなってしまい、結果的に肩こりが腰痛が起こり易くなってしまうことがあります。その点、しっかりとした弾力性がある高反発マットレスの場合は適度な力で体を支えてくれますので寝返りの支障になり難いですし、そのお陰で肩こりなども発生させ難くすることができます。

一日を快適に過ごすために、深い睡眠が必要です。

 

高反発マットレスは腰痛・肩こりに効果的なのか?

 

しっかりとした休息を取れなければ、次の日が丸一日憂鬱な気分になってしまい、そこでたまった疲労やストレスがまた睡眠で解消することができず、徐々に蓄積されていって身体を蝕んでいきます。

 

食事にも気をつけているし、運動も適度に行っている。健康には最大限気をつかっているはずなのに、なぜか寝起きが悪く疲れが取れない。そういう人の原因はマットレスにあるかもしれません。

 

一昔前にNASAが開発した素材の低反発マットレスというのが大きな注目を集め、大きな市場を作ることになりました。あれから数年が経過し、低反発マットレスの弱点が見えてきました。購入直後は良いのですが、低反発マットレスは長年使用するとその反発性が弛み、身体を横にしたときの姿勢を歪んだ形で支えてしまう場合があると分かってきたのです。そこで新たに開発されたのが高反発マットレスです。

 

高反発といってもただ硬いというわけではなく、人を支える最もバランスの取れたクッションの形で留まることができるというわけです。低反発の素材は湿気等を吸収しやすく、長年の使用で性能が衰えていました。高反発マットレスは低反発素材と比べて通気性がよく、素材そのものの劣化を防ぎます。理想の姿勢で身体をキープしてくれるのは、快適な睡眠を促すことでしょう。

 

しかし、デメリットもあります。人は平均して一度の睡眠で20回ほど寝返りうちます。寝返りをうたず、ずっと同じ姿勢のままだと骨が歪んでしまう可能性があるからです。高反発マットレスの場合、一度の姿勢を理想の形でキープする性能には優れていますが、寝返りをうった際に、元々の形がキープされているので次の形に馴染むまでに違和感が残る場合があります。一度の姿勢が理想的になっているのでそれが心地よく、寝返りの数そのものが減るかもしれません。骨への負担はそれでもかまいませんが、寝返りには血流の流れを促進する意味もありますので、その点がデメリットと言えるかもしれません。

人間は、人生の実に3分の1の時間を睡眠に費やしているということを、ご存知でしょうか?

 

高反発マットレスは腰痛・肩こりに効果的なのか?

 

 

睡眠の時間は、人間にとって疲労回復や休養を図るとても大切な時間です。
そんな大切な時間を、快適に過ごせるためには、快適な睡眠を提供してくれる寝具選びが大変重要です。
しかし、現実には、「寝て起きたら腰が痛い」とか「背中の痛みが寝ても取れない」などという方が多いです。
そのような方は、寝具選び、特にマットレス選びを間違えている可能性があります。
通常の布団で寝る場合、布団自体には身体を支える力がないので、身体が不安定になります。低反発マットレスというものが一時期ブームになりましたが、低反発マットレスは柔らかいので、寝ているうちに、重みのかかる腰が沈み込み、その結果腰や背中に負担がかかってしまっていました。
また、柔らかすぎるマットレスだと、寝返りを打つのも負担がかかります。
しっかり寝ているつもりでも、腰の痛みや背中の痛みが取れない原因は、ここにあるのです。
この原因を解消すべく開発されたのが、浮圧敷布団「雲のやすらぎ」です。
「雲のやすらぎ」は、腰や背中やお尻にかかる負担を徹底研究し、独自の体圧拡散製法であるクロスクラウド製法を採用しています。
これにより、身体を点で支え、横の繊維で体圧を逃すことができるので、身体に負担がかからず快適な寝心地を得ることができます。
さらに、ロレーヌダウンという弾力性に優れた羊毛を使用しているので、寝ている時の温度や湿度を最適な状態に保つことができます。
また、通気性もよく、両面使用できるので、一年を通して清潔に使うことができます。
口コミなどでも、「寝つきが悪かったのが改善された」とか「朝起きたら身体が楽になっている」などという声が多数掲載されています。
腰の痛みが取れない方や起きた時に背中が痛いのが気になる方、快適な寝心地を得たい方は、一度浮圧敷布団「雲のやすらぎ」を試してみてはいかがでしょうか。

 

モットンの評判は?

 

高反発マットレスは腰痛・肩こりに効果的なのか?

 

高反発マットレスは腰痛持ちの人にとっては体が沈みこみ過ぎずに、丸くなった姿勢のまま長時間寝てしまう事を回避できるマットレスとして、特に腰痛持ちの人に優しい寝具として定着している商品でもあります。

 

そんな高反発マットレスの中でも群を抜いて口コミで評判なのが、ネット購入のみ取扱商品でもある「モットン」です。
モットンも高反発マットレスの一つなので、腰痛持ちの方に負担がないマットレスではあり、「それでは通常の高反発マットレスだって変わらないんじゃない!」と思う方がほとんどだと思います。

 

そこでモットンが口コミで評判の理由をまとめてご紹介したいと思います。
モットンは腰痛持ちの方に最適な寝具ではありますが、最適と一言で言っても、実際に使用した購入者の実体験の口コミが多く寄せられているのが評判の証拠でもあります。

 

例えば睡眠中に寝返りを打つことが多いわけではありますが、そんな中でもモットンだと「寝返りが楽」といった声が多くあります。
実際に寝っ転がって体を回転させると、体が楽に回転でき、通常の寝返りの付加がかかる力を10とすれば、モットンでは7程度で回転することが可能なほどです。
また仰向けに寝ている方はいいのですが横向きの姿勢で寝る癖のある人でも、モットンを使用すると理想の姿勢が保たれて癖が軽減できるメリットもあるのです。

 

例えば柔らかすぎるマットレスの場合は、反発力が無いので体が沈み込んでしまうため丸まった姿勢で、特に腰痛持ちの人にとっては負担のかかる寝具になるのです。
逆に固すぎるマットレスの場合は、慣れずに熟睡ができない、翌朝に腰が痛くなったという症状がおこりやすいのです。
モットンを使用することで横向きの状態で寝ても、高反発の力で体を均等に持ち上げてくれるので、理想の背骨が一直線になる姿勢に近い状態を保てることでも評判なのです。

 

またどんな商品にも個人差があり、買ってはみたものの合わなかったという経験は誰しもあるかと思います。
そんな場合でも業界初の90日間お試しができて、万が一期間内に体に合わないといった場合は、「返金保証制度」を設けているのも安心して購入ができる評判の理由です。

モノには必ず寿命がありますが、マットレスの寿命は見た目や使い心地ですぐに分かります。

 

高反発マットレスは腰痛・肩こりに効果的なのか?

 

例えばマットレスの表面を覆っている布が破けていたり、使用中に同じ個所がへこんでいると感じる場合や、使用するたびに嫌な軋む音が聴こえる時は、明らかな寿命と判断して差し支えありません。

 

これらの分かりやすい現象のほかに、使いはじめた当初よりも寝返りを打つ頻度が増えている場合も、目にははっきりと見えないもののマットレスの寿命を考えたほうが無難でしょう。

 

一般的にマットレスの寿命は10年です。古くなったものを使い続けるメリットはほぼないに等しいので、寿命のサインに気づいたら、早い段階で新しいものを交換したほうが、快適な睡眠を手に入れることが出来ます。

 

ただ商品によってはそれ相応の高い値段のものもあるため、買い替えるよりも長持ちさせる方法を検討したい人もいるでしょう。
もちろん定期的にお手入れすることで、平均寿命の10年を過ぎても問題なく使い続けられるケースも存在します。

 

まず清潔に使用するためにも、天日干しは必ず定期的に行うべきお手入れの一つです。
人間は眠っている間に汗をかきますが、その汗はマットレスにも吸収されます。それをそのまま放置しておくとカビの原因となるので、天候のいい日は外に出して汗を蒸発させましょう。

 

もちろん天日干し以外にも、そもそも汗が吸収されないように吸水パットを敷く行為も寿命を延ばすのに一役買ってくれます。
そしてもう一つ欠かせないお手入れが、マットレスを定期的に裏返しにすることです。

 

目に見えるマットレスの寿命の原因は、同じ場所に負荷がかかることで起こります。そのため一週間に一度のペースで表裏を反対にして使用すれば、負荷を分散させることができるので長持ちしやすくなります。

 

さらに長持ちさせたい場合は、頭と足の位置を逆にして使用する方法も取り入れましょう。このローテーションは1カ月に一度行うのがベストです。


ホーム RSS購読 サイトマップ