マットレスのカビ対策について

マットレスにカビを生えさせないようにする為にはまず通気性を良くすることが大切です。

 

マットレスのカビ対策について

 

毎日の睡眠時には体からコップ一杯程度の汗をかくと言われており、マットレスも湿気を帯びてしまいます。通気性が良くない状態ですとカビも生え易くなってしまいますので、湿気を逃がすように工夫をしなければいけません。

 

通気性を良くする為にはまず直接床にマットレスを置くようなことは良くないと言えます。湿気が逃げ難くなってしまいますので、マットレスだけでなく床にも悪影響になります。

 

基本的にはベッドの上に敷くようにすることが大切ですが、ベッドもすのこタイプなどの通気性が良い物を選んだ方が安心と言えるでしょう。

 

除湿マットを活用するのも湿気対策のポイントです。シーツの下などに敷いておけば湿気を吸ってくれますので、マットレスに湿気が溜まってしまうのを予防することができます。ただ今度は除湿マットが湿気を帯びますから定期的に干すなどすることも大切です。

 

マットレスをたまに上げるようにすることも心掛けたいことの一つです。どのような対策をしてもある程度は湿気を帯びてしまうこともありますので、例えば週末にはベッドから浮かせて湿気を逃すのが良いと言えます。

 

もしカビが生えてしまった時の対策方法ですが、まずエタノールで拭き取る方法があります。薬局などでもエタノールは販売されていますが、それを大体80%まで精製水で薄めます。そしてスプレーをして不要な布などで拭き取ることである程度は綺麗にすることができます。ただ、殺菌程度の効果しかない為に黒くなっていたりすると落ちないこともあります。

 

斑点になってしまっている場合は塩素系漂白剤を用いて対策をすることも可能です。その場合は漂白剤をしみ込ませ、濡らして絞った布で軽く叩きます。そして最後に乾いた布で叩き、しっかりと乾かして完了です。しかしながらマットレスに使用するのはあまり良しとされていませんので、最終的な手段として考えた方が良いでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ